イタリアンレストランReneaのブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 1月のディナーメニュー | main | 3月のディナーメニュー >>
2月のディナーメニュー

■□■ネット予約も承っております。■□■

https://yoyaku.toreta.in/renea

※5名以上の場合はお電話 (03-5809-1927)ください。

 

 

まだまだ寒さ厳しい折ですが、立春と聞くだけで、心が浮き立つようです。

2月のディナーメニューは長野県の食材を使用したコースをご用意致しました。

 

 

はじめの一皿

「トマトのフリット」

サクサクとした衣の中に、フレッシュなトマトの旨味を閉じ込めました。

 

 

前菜

「トリッパのトマト煮込み」

柔らかく煮込まれたトリッパは、マイルドでクセがなく、上品な味わいです。

 

 

 

パスタ一皿目

「ソバ粉のパスタとキャベツのアンチョビ風味」

イタリアでは冬に食べられるというそば粉のパスタ。甘みを含んだキャベツと共に、そば粉独特の食感や風味をお楽しみ下さい。

 

 

 

パスタ二皿目

「スパゲッティ プッタネスカ」

『娼婦風』と言われるイタリアの定番パスタが、シェフの手により酸味と辛味のバランスが絶妙な仕上がりに。

 

 

メイン

「熟成豚とイタリアンソーセージの岩塩茹で サルサベルデ」

岩塩を使用し、肉本来の旨味を引き出しました。鮮やかなパセリのソースで爽やかにお召し上がり下さい。

 

 

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
The Story of Renea

食の求道者であった王に使えた料理人。 彼は王と共に全国を巡り、食材を育てる人々と交わり、国を本当に支えて いるのは臣民であることを知った。そして王の元を離れ、小さなレストランを始めた。 臣民が丹誠を込めて作り上げた食材を使って、 王だけでなく皆に振る舞える店。 日々厨房に立ち、自らの足で各地を回っては人々と共に作り、分かち合った。 その国はいつまでも平和で人々の笑顔が絶えなかったという。

イタリア語で “Re( レイ )” は王の意。 “Linea( リネア )” は線路の意。 この二語を “ 繋げて ” できたのが [ Re + Linea=Renea( レーネア )]という店名です。


Calendar
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>